• Author畑中章宏
  • Publisherトランスビュー
  • ISBN9784798701738
  • Publish Date2019年7月

死者の民主主義

人ならざるものたちの声を聴け
20世紀初めのほぼ同じ時期に、イギリス人作家チェスタトンと、当時はまだ官僚だった民俗学者の柳田国男は、ほぼ同じことを主張した。それが「死者の民主主義」である。
その意味するところは、世の中のあり方を決める選挙への投票権を生きている者だけが独占するべきではない、すなわち「死者にも選挙権を与えよ」ということである。
精霊や妖怪、小さな神々といったものは、単なる迷信にすぎないのだろうか。
それらを素朴に信じてきた人びとこそが、社会の担い手だったのではなかったか。
いま私たちは、近代化のなかで見過ごされてきたものに目を向け、
伝統にもとづく古くて新しい民主主義を考えなければならない。
死者、妖怪、幽霊、動物、神、そしてAI……
人は「見えない世界」とどのようにつながってきたのか。
古今の現象を民俗学の視点で読み解く論考集。
〔本書に登場するものたち〕
柳田国男、南方熊楠、宮本常一、今和次郎、ギルバート・K・チェスタトン、網野善彦、宮沢賢治、谷川健一、諸星大二郎、道祖神、河童、天狗、ザシキワラシ、潜伏キリシタン、仙童寅吉、熊、猫、アイボ、VTuber、浦野すず、飴屋法水、齋藤陽道……

>> 続きを表示

Recently borrowed books by this book borrower.

  • 何者かになりたい
  • いのちの車窓から
  • 常識のない喫茶店
  • NATURE FIX  自然が最高の脳をつくる / 最新科学でわかった創造性と幸福感の高め方
  • ベランダビオトープ
  • ころころするからだ / この世界で生きていくために考える「いのち」のコト
  • 親になってもわからない 深爪な子育てのはなし
  • 一生懸命機械 2
  • こころが晴れるノート / うつと不安の認知療法自習帳
  • 紅い花