• 著者大今良時
  • 出版社講談社
  • ISBN9784063952681
  • 発行2014年12月

聲の形 7

お前なんかに出会わなきゃよかった。もう一度、会いたい。耳の聞こえる少年・石田将也。耳の聞こえない転校生・西宮硝子。ふたりは運命的な出会いをし、そして、将也は硝子をいじめた。やがて、教室の犠牲者は硝子から将也へと移っていった。幾年の時を経て、将也は、 もう一度、硝子に会わなければいけないと強く思うようになっていた。【作者・大今良時先生から】「点と点で生きている人たち。遠く、離れ離れの小島のように生きている人たちを描きたくて、この物語を描きました。みなさまに読んでいただければ、この上ない幸せです」
「じゃーな、西宮」。硝子を庇って大けがを負い、眠り続ける将也。前を向くと決めた硝子は、絶望の中、壊してしまったものを取り戻そうと動き出す。バラバラになった仲間たちの「こえ」にそっと耳を澄ませる━━。繋がる想い。そして、再開した映画作り。時を刻み始めた彼らの世界に、待ち受ける未来は━━。

>> 続きを表示

この本を借りた人が、最近借りている本

  • ちびまる子ちゃんーわたしの好きな歌ー / 映画原作特別描き下ろし
  • ミッケ! 6
  • 牛乳配達DIARY
  • めっきらもっきらどおんどん
  • パンダ銭湯
  • 『古事記』神話の謎を解く / かくされた裏面
  • 岸辺露伴は動かない
  • 東京奇譚集
  • 文豪たちが書いた怪談
  • 古事記 / 日本の神さまの物語