• Author大今良時
  • Publisher講談社
  • ISBN9784063952216
  • Publish Date2014年10月

聲の形 6

お前なんかに出会わなきゃよかった。もう一度、会いたい。/耳の聞こえる少年・石田将也。耳の聞こえない転校生・西宮硝子。ふたりは運命的な出会いをし、そして、将也は硝子をいじめた。やがて、教室の犠牲者は硝子から将也へと移っていった。幾年の時を経て、将也は、 もう一度、硝子に会わなければいけないと強く思うようになっていた。作者・大今良時先生から】「点と点で生きている人たち。遠く、離れ離れの小島のように生きている人たちを描きたくて、この物語を描きました。みなさまに読んでいただければ、この上ない幸せです」
「神さま どうか もうひとふり 俺に力をください」。過去のトラウマから、仲間たちを拒絶し、壊れてしまった将也の世界。その責任を感じた硝子は、自ら命を絶とうとする。止まってしまった2人の時間。明らかになる、仲間たちの思い。バラバラになった心と体を繋ぎ合わせる術は‥‥。

>> 続きを表示

Recently borrowed books by this book borrower.

  • チコちゃんに叱られる ごちそうさまってなに?
  • 未来の車のひみつ ひみつシリーズ109
  • 5秒後に意外な結末 / ミノタウロスの青い迷宮
  • トイ・ストーリー4
  • ダイヤのA 27
  • ダイヤのA 21
  • 5億年後に意外な結末 / ピグマリオンの銀色の彫刻
  • 身近な危険 / 防災と防犯
  • すがたをかえる食べもの 4
  • ちこく姫