• Author大今良時
  • Publisher講談社
  • ISBN9784063951653
  • Publish Date2014年8月

聲の形 5

お前なんかに出会わなきゃよかった。もう一度、会いたい。/耳の聞こえる少年・石田将也。耳の聞こえない転校生・西宮硝子。ふたりは運命的な出会いをし、そして、将也は硝子をいじめた。やがて、教室の犠牲者は硝子から将也へと移っていった。幾年の時を経て、将也は、 もう一度、硝子に会わなければいけないと強く思うようになっていた。作者・大今良時先生から】「点と点で生きている人たち。遠く、離れ離れの小島のように生きている人たちを描きたくて、この物語を描きました。みなさまに読んでいただければ、この上ない幸せです」
西宮硝子と再会してから、広がり続ける将也の世界。永束の提案で始まった映画作りに硝子も誘って参加することになった将也。硝子、そして仲間たちと過ごす夏休み。何気ない毎日に幸せを感じる将也だが、心の隙間に生まれた不安が、やがて大きな波乱を巻き起こし‥‥。

>> 続きを表示

Recently borrowed books by this book borrower.

  • 天使なんかじゃない 8
  • 12歳。 3
  • 日本人なら知っておきたい日本文学 / ヤマトタケルから兼好まで、人物で読む古典
  • プリンシパル 1
  • プリンシパル 2
  • きのう何食べた?8
  • ふしぎの国のバード 6
  • 7SEEDS 17
  • 人体のサバイバル 2 / 生き残り作戦
  • ときめきハッピーおしごと事典 / キラかわ☆ガール