• Author大今良時
  • Publisher講談社
  • ISBN9784063950366
  • Publish Date2014年3月

聲の形 3

お前なんかに出会わなきゃよかった。もう一度、会いたい。/耳の聞こえる少年・石田将也。耳の聞こえない転校生・西宮硝子。ふたりは運命的な出会いをし、そして、将也は硝子をいじめた。やがて、教室の犠牲者は硝子から将也へと移っていった。幾年の時を経て、将也は、 もう一度、硝子に会わなければいけないと強く思うようになっていた。作者・大今良時先生から】「点と点で生きている人たち。遠く、離れ離れの小島のように生きている人たちを描きたくて、この物語を描きました。みなさまに読んでいただければ、この上ない幸せです」
「怖いのか? 西宮のことを知るのが」かつて、奪ってしまった硝子の幸せを取り戻すために生きると決めた将也。硝子のために、将也は断ち切ったはずの過去と向き合う。旧友たちとの再会は、将也と硝子の関係にも変化をもたらし‥‥。

>> 続きを表示

Recently borrowed books by this book borrower.

  • ドカベン スーパースターズ編 23
  • 時間の使い方
  • 清原和博 / 夢をつらぬく情熱のバッター
  • ドカベン スーパースターズ編 22
  • 駅の小さな野良ネコ
  • 数字に強くなる
  • わたしと小鳥とすずと
  • 里山 / 今森光彦フィールドノート
  • 鉄のひみつ 
  • 5秒後に意外な結末 / パンドラの赤い箱