• Author和田秀樹(心理・教育評論家)
  • Publisher新講社
  • ISBN9784860815899
  • Publish Date2019年9月

上機嫌な自分でいるコツ

自分が上機嫌な時は、いろいろなこと
に積極的になれます。
いつも「上機嫌な人」には、周りの人
は声をかけやすいので、人づきあいも
円滑にいきます。
そのため人間関係も広がり、好機会も
得やすくなります。
一方、いつも機嫌が悪かったり、自分
は不幸だとすねたりする「不機嫌な人」
には、周囲の人は敬遠しがちで、いい
機会に出会うのも少なくなります。
いつも機嫌が悪いと、当然、人間関係も
よくありません。
しかし、「いつも上機嫌でいられる」
「不機嫌になりやすい」というのは、
その人のもともとの性格ではありま
せん。
「不機嫌になりやすい」傾向の人も、
ものの見方を少し変えたり、日常生活
の習慣を見直すといった工夫で、気に
なることが減ったり、イラつくことが
少なくなります。
生活の中に小さな喜びを見つけられ、
幸せを感じる「機嫌のいい人」になれ
ます。
この本では、感情生活を見直し、
「上機嫌でいられる」ためのコツを、
精神科医の和田秀樹先生が、精神科医
としての経験や自らの経験から提案し
ます。
●感情コンディションの整え方
●やる気が出る「できた感」のつかみ方
●「いい感情」のつくり方
●感情を若々しく保つ方法
など、
「イヤなことがあっても、気分を立ち
直せられる」、「平気で明るい心持ち
になれる」、「毎日が楽しく、前向き
に気持ちで過ごせる」ヒントです。
「上機嫌でいられる」工夫は、毎日
の生活の中でできるので、本書で
提案することで、一つでも「うまく
いきそうだ」と思われるものは、
ぜひ試してみてください。
◎本書は小社より刊行した『感情革命』
を改題し、再編集した新版です。

>> 続きを表示

Recently borrowed books by this book borrower.

  • サヨナライツカ
  • 世界から猫が消えたなら
  • 自分を不幸にしない13の習慣
  • 大好きなことをやって生きよう! / 才能の見つけ方、育て方
  • 精神科医が教える平穏な「老い支度」
  • 眺めのいい部屋
  • ふたりの老女
  • 風の歌を聴け
  • 幸せなひとりぼっち
  • 人生100年、長すぎるけどどうせなら健康に生きたい。 / 病気にならない100の方法