• 著者小野不由美
  • 出版社新潮社
  • ISBN9784101240640
  • 発行2019年11月

白銀の墟 玄の月 第三巻 / 十二国記

新王践祚──角なき麒麟の決断は。李斎は、荒民らが怪我人を匿った里に辿り着く。だが、髪は白く眼は紅い男の命は、既に絶えていた。驍宗の臣であることを誇りとして、自らを支えた矜持は潰えたのか。そして、李斎の許を離れた泰麒は、妖魔によって病んだ傀儡が徘徊する王宮で、王を追い遣った真意を阿選に迫る。もはや慈悲深き生き物とは言い難い「麒麟」の深謀遠慮とは、如何に。

>> 続きを表示

この本を借りた人が、最近借りている本

  • ピンヒールで車椅子を押す
  • 星・星座 増補改訂
  • カラーモンスターきもちはなにいろ? / オリジナル版
  • 傷を愛せるか 増補新版
  • 教育虐待・教育ネグレクト / 日本の教育システムと親が抱える問題
  • 小さな木 / あるがままに子育て
  • 三千円の使いかた
  • 英語多読すべての悩みは量が解決する!
  • おうち性教育はじめます / 一番やさしい!防犯・SEX・命の伝え方
  • 認知症の私から見える社会

この本を寄贈した人