• Author西加奈子
  • Publisherポプラ社
  • ISBN9784591164457
  • Publish Date2019年11月

i

アメリカ人の父と日本人の母のもとへ、養子としてやってきたアイ。
内戦、テロ、地震、貧困……世界には悲しいニュースがあふれている。
なのに、自分は恵まれた生活を送っている。
そのことを思うと、アイはなんだか苦しくなるが、どうしたらいいかわからない。
けれど、やがてアイは、親友と出会い、愛する人と家族になり、ひとりの女性として自らの手で扉を開ける――
たとえ理解できなくても、愛することはできる。
世界を変えられないとしても、想うことはできる。
西加奈子の渾身の叫びに、深く心を揺さぶられる長編小説。
累計21万部!巻末に又吉直樹氏との対談を収録
残酷な現実に対抗する力を、この優しくて強靭な物語が、与えてくれました。――又吉直樹
読み終わった後も、ずっと感動に浸っていました。なんてすごいんだろう。この小説は、この世界に絶対に存在しなければならない。――中村文則

>> 続きを表示

Recently borrowed books by this book borrower.

  • じゃあじゃあびりびり 改訂2版
  • 蜩ノ記
  • 愛がなんだ
  • 睡蓮の長いまどろみ 上
  • 睡蓮の長いまどろみ 下
  • 記憶屋 2
  • 掏摸
  • 家族シアター
  • 誰かが足りない
  • 風の中のマリア