• Author青山ゆみこ
  • Publisherミシマ社
  • ISBN9784909394293
  • Publish Date2019年12月

ほんのちょっと当事者

ローン地獄、児童虐待、性暴力、障害者差別、 看取り、親との葛藤…「大文字の困りごと」を 「自分事」として考えてみた。 「ここまで曝すか!」と連載時より大反響の明るい(?)社会派エッセイ

わたしたちが「生きる」ということは、「なにかの当事者となる」ことなのではないだろうか。…みんなが隣にいる誰かへの想像力をもつようになれば、まわりまわって思いもかけない方向から、誰かがわたしの小さな困りごとを助けてくれる気がする。そういうのってなんだか素敵で、とてもふくよかな社会に思えるのだ。――「まえがき」より。

>> 続きを表示

Recently borrowed books by this book borrower.

  • ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー
  • ビジネスの未来 / エコノミーにヒューマニティを取り戻す
  • 漫画君たちはどう生きるか
  • ジェンダーについて大学生が真剣に考えてみた / あなたがあなたらしくいられるための29問
  • ブックフェスタ 本の磁力で地域を変える
  • 断片的なものの社会学
  • モモ / 時間どろぼうと、ぬすまれた時間を人間にとりかえしてくれた女の子のふしぎな物語
  • FACTFULNESS / 10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣
  • いまはまだない仕事にやがてつく君たちへ / 建築家・三浦丈典が未来の悩みにこたえる
  • これからの「正義」の話をしよう / いまを生き延びるための哲学