• Author佐々涼子
  • Publisher集英社インターナショナル
  • ISBN9784797673814
  • Publish Date2020年2月

エンド・オブ・ライフ

◎ベストセラー『エンジェルフライト』『紙つなげ!』に続く、著者のライフワーク三部作の最終章。
◎著者がこだわり続けてきた「理想の死の迎え方」に、真っ正面から向き合ったノンフィクション。
◎2013年に京都の診療所を訪れてから7年間、寄り添うように見てきた終末医療の現場を感動的に綴る。
200名の患者を看取ってきた友人の看護師が癌に罹患。「看取りのプロフェッショナル」である友人の、死への向き合い方は意外なものだった。
最期の日々を共に過ごすことで見えてきた「理想の死の迎え方」とは。
著者が在宅医療の取材に取り組むきっかけとなった自身の母の病気と、それを献身的に看病する父の話を交え、7年間にわたる在宅での終末医療の現場を活写する。
読むものに、自身や家族の終末期のあり方を考えさせてくれるノンフィクション。
佐々涼子(ささ りょうこ)
ノンフィクション作家。1968年生まれ。神奈川県出身。早稲田大学法学部卒。
2012年、『エンジェルフライト 国際霊柩送還士』(集英社)で第10回開高健ノンフィクション賞を受賞。文庫と合わせ10万部を売り上げた。
2014年に上梓した『紙つなげ! 彼らが本の紙を造っている 再生・日本製紙石巻工場』(早川書房)は、紀伊國屋書店キノベス第1位、
ダ・ヴィンチBOOK OF THE YEAR第1位、新風賞特別賞など数々の栄誉に輝いた。

>> 続きを表示

Recently borrowed books by this book borrower.

  • 臨終の謎 / 医師が体験した不思議な話
  • 図書室
  • わたしが幸せになるまで / 豊かな人生の見つけ方
  • 心と体の疲れをとるタッピングタッチ
  • モチベーション革命 / 稼ぐために働きたくない世代の解体書
  • 自殺会議
  • ありがとうの花 / 魔法のメルマガは朝8時に届く
  • かっこちゃん 1 / 山元加津子さんのねがい
  • 誰にも言えない夫婦の悩み相談室
  • 生理ちゃん