• Author勢古浩爾
  • PublisherNHK出版
  • ISBN9784140886151
  • Publish Date2020年3月

それでも読書はやめられない / 本読みの極意は「守・破・離」にあり

何ものにもとらわれない読み方へ。痛快なる読書論!
名著、名作に挑み、格闘し、敗れたのちに開眼する!? 
古希を過ぎて総括する読書人生の終着点とは? 
たかが活字が並んでいるだけなのに、おもしろい本はなぜかくもおもしろいのか――。すべての趣味の中で読書だけが残る。
【構成】
第1章 いきなり読書の横道から入って――人はいかにして読書に目覚めるか
第2章 読書の「守」――不自由な読書だった
第3章 読書の「破」――名著と格闘する
第4章 読書の「離」――もっと自由な広い世界へ
第5章 読書家たちの読書論を読む   
第6章 おすすめ純粋おもしろ本の世界
第7章 読書の終着点――いま読書できることの幸せ

>> 続きを表示

Recently borrowed books by this book borrower.

  • 計画と無計画のあいだ / 「自由が丘のほがらかな出版社」の話
  • ミヒャエル・エンデ モモ / 「豊かな」時間とは何か?
  • つながるカレー / コミュニケーションを「味わう」場所をつくる
  • カフェとロースター
  • 「読む」って、どんなこと?
  • 大家さんと僕これから
  • 世間とズレちゃうのはしょうがない
  • 浅田家!
  • 在野研究ビギナーズ / 勝手にはじめる研究生活
  • むらさきのスカートの女