• Author本田由紀
  • Publisher岩波書店
  • ISBN9784004318293
  • Publish Date2020年3月

教育は何を評価してきたのか

なぜ日本はこんなにも息苦しいのか。その原因は教育をめぐる磁場にあった。教育が私たちに求めてきたのは、学歴なのか、「生きる力」なのか、それとも「人間力」なのか――能力・資質・態度という言葉に注目し、戦前から現在までの日本の教育言説を分析することで、格差と不安に満ちた社会構造から脱却する道筋を示す。

>> 続きを表示

Recently borrowed books by this book borrower.

  • はじめよう、お金の地産地消 / 地域の課題を「お金と人のエコシステム」で解決する
  • 愛着障害の克服 / 「愛着アプローチ」で、人は変われる
  • 人が死なない防災
  • 宇宙に命はあるのか / 人類が旅した 一千億分の八
  • 夢があふれる社会に希望はあるか
  • もっと使いこなす!「システム思考」教本
  • 初学者のための質的研究26の教え
  • 社会変革のためのシステム思考実践ガイド / 共に解決策を見出し、コレクティブ・インパクトを創造する
  • 国富論 1
  • 資本論