• 著者白石一文
  • 出版社文藝春秋
  • ISBN9784167914912
  • 発行2020年5月

もしも、私があなただったら

巨大企業・明治化成を辞めて故郷の博多に帰り、小さなバーを営んで暮らしてきた

藤川啓吾。ある日、かつての同僚で今は明治化成の常務に上り詰めた神代の妻・

美奈が現れる。6年前、啓吾は東京を離れる折に美奈の必死の願いを断っていた。

美奈は言った。「もしも私があなただったら、こんな私のことを置いていったり絶対にしない」。

過去に決着をつけられず店の経営もジリ貧の啓吾、

複雑な人間関係をまるごと東京に置いて福岡にやってきた美奈は、

一緒に過ごすことで純粋な喜びを感じるようになる。だが、あるひとつの情報が、

啓吾を疑心暗鬼にする――



「心が通う」とは、どういうことか?

心が通ったとき、そこには説明のつかない偉大な力が生まれているのではないか?



人生の半ばを過ぎた大人の男女が、本当に求めるものに対して研ぎ澄まされてゆく。

企業の倫理、人生の選択、男女の深淵と希望を、福岡を舞台にあますところなく

描きこんだ長編恋愛小説。

>> 続きを表示

この本を借りた人が、最近借りている本

  • おひとりさま日和
  • 神の値段
  • 神はサイコロを振らない
  • レインメーカー
  • 強運の持ち主
  • さようなら、オレンジ
  • ほかならぬ人へ
  • ふくわらい
  • 源氏物語九つの変奏
  • サロメ