• Authorはらだみずき
  • Publisher小学館
  • ISBN9784094067965
  • Publish Date2020年8月

海が見える家それから

ロングセラー続編、いきなり文庫で刊行!
入社一ヶ月で会社を辞めた直後、田舎暮らしを始めた父の死を知らされた。文哉が霊安室で対面した父は、なぜか記憶とはまるで違う風貌をしていた。
家族に遺されたのは、丘の上にある、海が見える家。文哉は、遺品を整理しながら、父の足跡をたどっていく。すると、意外な事実を突きつけられていくのだった。
豊かな自然が残る南房総の暮らしを通して、文哉は自らの人生を見つめる時間をすごしていた。そんなある日、元彼女からメールが届く。
果たして、都会を捨て、田舎に逃げてきただけなのか? あれから一年。自問の末、文哉が踏み出す新たな一歩とは?
幸せのあり方を問う感動のロングセラー続編、いきなり文庫で刊行。

>> 続きを表示

Recently borrowed books by this book borrower.

  • 空中庭園
  • よるのふくらみ
  • 野心と美貌 / 中年心得帳
  • 体脂肪計タニタの社員食堂 / 500kcalのまんぷく定食
  • 20代で身につけるべき「本当の教養」を教えよう。
  • 少年と犬
  • 読む美容事典
  • 父と私の桜尾通り商店街
  • 茗荷谷の猫
  • 秒速5センチメートル