• Author小川洋子(小説家)
  • Publisher中央公論新社
  • ISBN9784122059122
  • Publish Date2014年2月

人質の朗読会

遠く隔絶された場所から、彼らの声は届いた-慎み深い拍手で始まる朗読会。祈りにも似たその行為に耳を澄ませるのは、人質たちと見張り役の犯人、そして…。人生のささやかな一場面が鮮やかに甦る。それは絶望ではなく、今日を生きるための物語。しみじみと深く胸を打つ、小川洋子ならではの小説世界。

>> 続きを表示

Recently borrowed books by this book borrower.

  • 嫌われる勇気 / 自己啓発の源流「アドラー」の教え
  • 韓国気まぐれ列車
  • レトロな旅時間ポルトガルへ
  • とらえどころのない中国人のとらえかた : 現代北京生活事情
  • 世界は小さな祝祭であふれている 新装版
  • 文字を作る仕事
  • 雲南の豚と人々
  • 詩のトビラひらけごま!
  • ラオスにいったい何があるというんですか? / 紀行文集
  • 恋のゴンドラ