• Author紅玉いづき
  • Publisher講談社
  • ISBN9784062940221
  • Publish Date2016年3月

大正箱娘 / 見習い記者と謎解き姫

新米新聞記者の英田紺のもとに届いた一通の手紙。それは旧家の蔵で見つかった呪いの箱を始末してほしい、という依頼だった。呪いの解明のため紺が訪れた、神楽坂にある箱屋敷と呼ばれる館で、うららという名の美しくも不思議な少女は、そっと囁いた――。「うちに開けぬ箱もありませんし、閉じれぬ箱も、ありませぬ」謎と秘密と、語れぬ大切な思いが詰まった箱は、今、開かれる。
人と夢幻が共存した最後の時代。一人の少女が謎の詰まった箱を開く。
新米新聞記者の英田紺のもとに届いた一通の手紙。それは旧家の蔵で見つかった呪いの箱を始末してほしい、という依頼だった。
呪いの解明のため紺が訪れた、神楽坂にある箱屋敷と呼ばれる館で、うららという名の美しくも不思議な少女は、そっと囁いた――。
「うちに開けぬ箱もありませんし、閉じれぬ箱も、ありませぬ」
謎と秘密と、語れぬ大切な思いが詰まった箱は、今、開かれる。

>> 続きを表示

Recently borrowed books by this book borrower.

  • 横濱妖精探偵社 / 隣人さんは賑やかに踊る
  • おばけちゃんとウサギちゃん
  • 子どもと作る 3ステップおやつ
  • 函館天球珈琲館 / 無愛想な店主は店をあけない
  • トイロ家のおいしいごはん
  • 最後の晩ごはん / 聖なる夜のロールキャベツ
  • 最後の晩ごはん / 秘された花とシフォンケーキ
  • 最後の晩ごはん
  • 最後の晩ごはん
  • 最後の晩ごはん