• Author大谷義夫
  • Publisher日経BPM(日本経済新聞出版本部)
  • ISBN9784532264420
  • Publish Date2020年9月

肺炎を正しく恐れる

新型コロナウイルスは社会の姿を一変させた。
このウイルスに感染すると、風邪のような症状だけで済むこともあれば、
肺炎を発症し、命を落とすこともある。
症状が全くない人からもうつることが分かり、不安は募るばかり。
こうした状況で一番大切なのは、この感染症を正しく理解し、正しく恐れること。
「肺炎」については、誰もがその名前を知っているが、実態を理解している人は少ない。
そもそも肺炎はどのような病気か、なぜ肺炎で亡くなる人が多いのか。
新型コロナウイルスによる肺炎は、これまでとは何が違うのか。
なぜ、一気に悪化してあっという間に亡くなる人がいるのか。
肺炎を避け、予防するにはどうすればいいのか――。
呼吸器内科医として肺炎と向き合って30年、
実際に新型コロナの肺炎患者も診察し、テレビにもたびたび出演する、
池袋大谷クリニック院長の大谷義夫さんが解説する。
肺炎は、新型コロナウイルスに関わらず、日本人にとって身近な怖い病気だ。
現在、日本では年間で13万人を超える人が肺炎で亡くなっている。
新型コロナウイルスによる肺炎を正しく恐れることができれば、
将来の肺炎対策につながり、日本人の健康長寿に貢献できるのだ。

>> 続きを表示

Recently borrowed books by this book borrower.

  • かわいくおごられて気持ちよくおごる方法
  • ぼくたちに、もうモノは必要ない。
  • ヨガとシンプルライフ
  • 赤い口紅があればいい / いつでもいちばん美人に見えるテクニック
  • 江原啓之への質問状 / スピリチュアルな法則で人は救われるのか
  • 江國香織とっておき作品集
  • Lingkaran Vol.8
  • 台所漢方
  • 愛の言葉がけ 子どもの人生を一生幸せにする
  • だれもが幸せになるハワイの言葉ホ・オポノポノ