• Author山本康正
  • PublisherSBクリエイティブ
  • ISBN9784815607593
  • Publish Date2020年11月

2025年を制覇する破壊的企業

コロナでテクノロジーの進化は10年早まった!
2020年1月、Amazonはアレクサとガソリンスタンドを交信するサービスのデモをテクノロジーの年次祭典CESで発表した。
これまで家の中のものとしか交信しなかったアレクサを屋外と交信させたこの発表は、Amazonが都市全体のデータを取り、ビジネスを広げていこうという意思を示している。
テクノロジーの進化がビジネス、はたまた我々の生活自体を大きく変えることはいうまでもない。
本書は、Google、Amazon、Facebook、Apple、Microsoft、Netflix、テスラ、クラウドストライク、ロビンフッド、インポッシブル・フーズ、ショッピファイという、2025年の世界に大きな影響力を持つ世界最先端11社を分析することで、5年後を読み解く未来予測書である。
著者は、「元・米ニューヨーク金融機関×ハーバード大学院理学修士×元グーグル×ベンチャー投資家」というテクノロジーとビジネスをつなぐ稀代の経歴をもつ。ここでのポイントは、ベンチャーキャピタリストが未来予測をするということにある。
テクノロジーに関する未来予測はさまざまな視点から提示されているが、アカデミア、エンジニア、ジャーナリストが行う未来予測には決定的に欠けている点がある。
それは、ベンチャーキャピタリストが行う「どのように投資し、儲けるか」という観点だ。
なぜなら、テクノロジーはその革新性だけではなく、ユーザーに受け入れられなければ、広く普及することはないからだ。
本書は、そんなテクノロジーとビジネスの交差点にいる同氏がファクトベースで2025年の未来を描くものである。

>> 続きを表示

Recently borrowed books by this book borrower.

  • 50歳、おしゃれ元年。
  • 残念な「オス」という生き物
  • 持たない暮らしのすすめ / 本当の幸せを得るための人生の法則
  • 人生、60歳まではリハーサル
  • 世界を変えるための50の小さな革命
  • 最先端研究で導きだされた「考えすぎない」人の考え方
  • 子どもが面白がる学校を創る 平川理恵・広島県教育長の公立校改革
  • ブランド・マーケティング
  • ひとりも、死なせへん 2
  • がんばりません

Presented by