• Author戸田山和久
  • PublisherNHK出版
  • ISBN9784140818336
  • Publish Date2020年10月

思考の教室 / じょうずに考えるレッスン

大学新入生しょくんへ、そして〝じぶんって考えるのヘタかも?〟と思ってる大人のみなさんへ。累計26万部突破『新版 論文の教室』著者による、思考のトレーニング本がここに誕生。
「演繹」「帰納」をいっさい使わず身近な例を豊富にまじえ、まずは論理的思考の本質を柔らかく説く。でも、さまざまな偏見や思考の飛躍によって、論理の筋道は曲がりくねってしまう。ならば、〝じょうずに考える〟ためには、どんな装置を使って、何をどのように勉強すればいいのか?
 語彙力強化の秘伝から、じぶんの考えを効率的に伝えるための文章設計術、相手の考えをきちんと理解するためのクリティカル・リーディング、相手といっしょに考えるためのディベート術まで、ユーモア&論理エキスたっぷりの戸田山節で講義。〝考える〟ためのすべてを網羅した「知の教典」、練習問題42問も付いた決定版! 〝じょうずに考える〟ためには、やっぱり考えてみないとダメなんだ。
序 章 「じょうずに考える」ってどういうことだろう?
Ⅰ 基礎編──じょうずな思考の入口は、「論理」で開かれる
第1章 そもそも「考える」ってどういうことかを考えてみるぞ
第2章 これが、「論理的思考」の世界でいちばんシンプルな定義だ!
第3章 サポートとツッコミについて、さらにツッコんでみよう 
第4章 論理的思考のようで論理的でないベンベン、
それは何かと尋ねたら……
第5章 しかし、私たちのアタマは論理的思考に向いていない、
という「不都合な真実」 
Ⅱ 実践編──生まれながらのアホさかげんを乗り越える3つのやりかた
第6章 まずは、語彙を増やすことから始めよう
──テクノロジーを使って考える①
第7章 ローテクな「紙とペン」こそ思考強化の最強の味方
──テクノロジーを使って考える②
第8章 文章設計の方法──他人といっしょに考える①
第9章 「クリティカル・リーディング」と「実り豊かな議論」のために
──他人といっしょに考える②
 第10章 「集団思考」にお気をつけあそばせ 
──考えるための制度〈しくみ〉をつくって考える①
 第11章 最終手段「ガクモン的思考」を手ほどきするぜ!
──考えるための制度〈しくみ〉をつくって考える②
終 章  新・ガクモンのすすめ
練習問題解答&ブックガイド

>> 続きを表示

Recently borrowed books by this book borrower.

  • 佐久間宣行のずるい仕事術 / 僕はこうして会社で消耗せずにやりたいことをやってきた
  • ファンダメンタルズ×テクニカルマーケティング / Webマーケティングの成果を最大化する83の方法
  • 超★営業思考 / 「あなたから買いたい」と言われる
  • 数値化の鬼 / 「仕事ができる人」に共通する、たった1つの思考法
  • 貧乏人の経済学 / もういちど貧困問題を根っこから考える
  • ミレニアル・スタートアップ / 新しい価値観で動く社会と会社
  • アイデア資本主義 / 文化人類学者が読み解く資本主義のフロンティア
  • Sales is / 科学的に「成果をコントロールする」営業術
  • 「幸せ」をつかむ戦略
  • 世界最速ビジネスモデル / 中国スタートアップ図鑑