• Author斉藤倫 うきまる くらはしれい
  • Publisher小学館
  • ISBN9784097250845
  • Publish Date2020年11月

レミーさんのひきだし

耳をすますと、聞こえてくるのは誰の声?
レミーおばあさんのたんすのひきだしには、かつて活躍したたくさんの小物たちがしまわれています。
ある日そこに、チョコレートを宝石のように彩っていた小箱が仲間入り。周りのみんなは、次はどんな役割を与えられるか、ドキドキしていました。時が過ぎるにつれて、小物たちはレミーさんに新しい役割を与えられ、嬉しそうに、次々とひきだしの中から旅立っていきます。だんだんさびしくなっていくひきだしの中で、次第に不安になる小箱。
そんなとき、レオおじいさんが訪ねてきました。
【編集担当からのおすすめ情報】
このお話にでてくる小物たちは、かつて大活躍した小物ばかり。今は役目を終えて、ひきだしの中にしまわれていますが、みんな、次はどんな役割を担うのか、不安と期待でいっぱいなのです。
なんだか、自分に置き換えてしまいそうです。まだ見ぬ未来の自分に希望を持つ小物たちを、応援したい気分になりました。
物も人間も、人生はいいことと、そうでもないことのくり返しなのかも知れませんね。前作『はるとあき』に次ぐ斉藤倫+うきまるワールドを、絵本デビューとなるくらはしれいさんの、少しレトロで異国情緒漂うかわいい絵で彩ります。たくさんのみなさんに読んでいただけたら幸いです。

>> 続きを表示

Recently borrowed books by this book borrower.

  • 発酵かあさん
  • ミッション / 元スターバックスCEOが教える働く理由
  • 勝間式超ロジカル料理 / ラクしておいしく、太らない!
  • 稲盛と永守 / 京都発カリスマ経営の本質
  • 一汁一菜でよいという提案
  • モモ
  • 何度でも作って、食べたくなる本当においしいお菓子の作り方
  • 両利きの経営 / 「二兎を追う」戦略が未来を切り拓く
  • 敏感すぎて生きづらい人の明日からラクになれる本
  • くちぶえサンドイッチ / 松浦弥太郎随筆集