• Authorながしまひろみ
  • Publisher小学館
  • ISBN9784093888035
  • Publish Date2020年12月

鬼の子 2

「今」が思い出になる頃も隣で笑っていたい
大好きな人が増えるたび、ぼくの力になっていく。
だから今度は、ぼくがみんなの力になりたいんだ――
オニくんと仲間たちの物語、完結編!
:::::::::::::::::
小学校に通い、友達もできたオニくん。いっしょに暮らすみのるくんが教えてくれる少年野球では、ついに隣町のチームと試合をすることに!
最後まで諦めずに、精一杯仲間と自分を信じ、
勇気と力を振り絞るオニくんの姿からは、
目の前にいる大切な人をひたむきに想う気持ちが伝わります。
WEBメディア「cakes」にて連載時より大人気の作品。
人気沸騰中の著者による待望の初長篇が、全2巻のフルカラーでついに刊行。
――「ひとりだけど、みんないる」(本文より)

>> 続きを表示

Recently borrowed books by this book borrower.

  • 認知症世界の歩き方 / 認知症のある人の頭の中をのぞいてみたら?
  • 目の見えない白鳥さんとアートを見にいく
  • 目の見えない人は世界をどう見ているのか
  • 手話を生きる / 少数言語が多数派日本語と出会うところで
  • 鬼の子 1
  • 発達障害は治りますか?
  • まちのゲストハウス考
  • ケアする人のためのプロジェクトデザイン / 地域で「何かしたい!」と思ったら読む本
  • 夜明けのすべて
  • ひらばのひと 1