• Author斎藤幸平
  • PublisherNHK出版
  • ISBN9784142231218
  • Publish Date2020年12月

カール・マルクス『資本論』

気鋭の経済思想家が、エコロジー・脱成長の視点からマルクスを読み直す
長時間労働、格差、不安定雇用、低賃金――。資本主義の暴力性がむき出しになるなか、世界的にマルクス再評価の機運が高まっている。生産力が上がるほど人が貧しくなるのはなぜなのか。なぜ過労死するまで働き続けなければならないのか。『資本論』で構想された持続的で平等な未来社会像とは?ソ連型の社会主義とマルクスの目指した「コミュニズム」は何が違うのか。
150年前に書かれた『資本論』には、現代社会が抱える問題を考えるヒントが数多く記されている。とくに、自然との関係のなかで人間の労働のありかたを分析する「物質代謝論」は、これまでエコロジーの視点でほとんど読まれてこなかった。
マルクス研究の権威ある国際学術賞を最年少で受賞した斎藤氏はこの点に注目。難解かつ長大な『資本論』で展開される資本主義の構造的矛盾について平明に解説するいっぽう、マルクスが晩年に遺した自然科学研究、共同体研究の草稿類も参照し、『資本論』の完成を見ずに世を去った希代の社会思想家の真意を読み解いてみせる。パンデミックや気候変動といった地球規模の環境危機をふまえ、いまこそ必要な社会変革に向けた実践の書として『資本論』をとらえ直す、まったく新しいマルクス論。

>> 続きを表示

Recently borrowed books by this book borrower.

  • 風を繍う
  • アンティキテラ古代ギリシアのコンピュータ
  • 集まる場所が必要だ / 孤立を防ぎ、暮らしを守る「開かれた場」の社会学
  • 春になったら莓を摘みに
  • まちの幸福論 / コミュニティデザインから考える
  • 考えるヒント
  • ケーキの切れない非行少年たち
  • ブラフマンの埋葬
  • 椿説弓張月
  • 月まで三キロ