• Author左巻健男
  • Publisherダイヤモンド社
  • ISBN9784478112724
  • Publish Date2021年2月

世界史は化学でできている / 絶対に面白い化学入門

火の発見とエネルギー革命、歴史を変えたビール・ワイン・蒸留酒、金・銀への欲望が世界をグローバル化した、石油に浮かぶ文明、ドラッグの魔力、化学兵器と核兵器・・・。



化学は人類を大きく動かしているーー。



人類の歴史は化学とともに発展してきた。「化学」は、地球や宇宙に存在する物質の性質を知るための学問であり、物質(モノ)同士の反応を研究する学問である。始まりは、人類史上最大の発明とも呼ばれる「火」(燃焼という化学反応)の利用である。人類は火を利用することで、土器やガラスを作り、鉱石から金属を取り出すようになり、生のままでは食べるのが困難だった動物や植物も捕食の対象に加えて、生存範囲を飛躍的に広げていった。



現代では、金属やセラミックス、ナイロンのような合成繊維から、ポリエチレンのようなプラスチック類、高性能な電池、創薬などの新しい物質や製品を生み出しているが、いずれも化学の成果に下支えされている。つまり、化学は、火、金属、アルコール、染料、薬、麻薬、石油、そして核物質と、ありとあらゆるものを私たちに与えた学問と言える。



本書は、化学が人類の歴史にどのように影響を与えてきたかを紹介する、白熱のサイエンスエンターテインメント!化学という学問の知的探求の営みを伝えると同時に、人間の夢や欲望を形にしてきた「化学」の実学として面白さを、著者の親切な文章と、図解、イラストも用いながら、やわらかく読者に届ける。

>> 続きを表示

Recently borrowed books by this book borrower.

  • 翻訳に生きて死んで / 日本文学翻訳家の波乱万丈ライフ
  • 「読む」って、どんなこと?
  • 幸福人フー 僕の妻は「しあわせ」のお手本
  • マンガでやさしくわかる学習する組織
  • チーズはどこへ消えた?
  • デンマーク人はなぜ16時に帰っても、成果を出せるのか(仮) : 国際競争力1位、仕事の満足度が高い国の「ムリをしない働き方」 
  • ひと目でわかる アートのしくみとはたらき図鑑
  • ガーナ流 家族のつくり方 / 世話する・される者たちの生活誌
  • 小学館入門百科シリーズ
  • とびだすまなべるきょうりゅう

Presented by