• 著者いぬいとみこ 吉井忠
  • 出版社福音館書店
  • ISBN9784834001037
  • 発行1981年11月

木かげの家の小人たち

ある家の二階に小さな書庫がありました。薄暗い廊下に面したその部屋は、その家の他のどの部屋よりも、物静かな一角でした。古めかしい漢文の本、外国の本が並ぶ小部屋。そしてこの静かな部屋の天井近くに、小人が住んでいたのです……。暗い戦争の影が日本をおおう冬の時代、外国生まれの小人を愛し続ける少女ゆり。いまわしい現実と不安な日々が不思議な魅力を持って描かれる、日本のファンタジーの記念碑的作品です。

>> 続きを表示

この本を借りた人が、最近借りている本

  • ハイジ 上
  • このサンドイッチ、マヨネーズ忘れてる/ハプワース16、1924年
  • 行動経済学の使い方
  • ノーザンライツ
  • 暮しのヒント集5
  • ヘルシンキ生活の練習
  • アリババの猫がきいている
  • エヴェレストをめざして
  • 第八森の子どもたち
  • そして、ぼくの旅はつづく