• Author大栗博司
  • Publisher幻冬舎
  • ISBN9784344986145
  • Publish Date2021年3月

探究する精神 / 職業としての基礎科学

自然界の真理の発見を目的とする基礎科学は、応用科学と比べて「役に立たない研究」と言われる。しかし歴史上、人類に大きな恩恵をもたらした発見の多くが、一見すると役に立たない研究から生まれている。そしてそのような真に価値ある研究の原動力となるのが、自分が面白いと思うことを真剣に考え抜く「探究心」だ――世界で活躍する物理学者が、少年時代の本との出会いから武者修行の日々、若手研究者の育成にも尽力する現在までの半生を振り返る。これから学問を志す人、生涯学び続けたいすべての人に贈る一冊。

>> 続きを表示

Recently borrowed books by this book borrower.

  • Pythonで儲かるAIをつくる
  • ディープラーニングG検定(ジェネラリスト)公式テキスト 第2版
  • 間違いだらけのエネルギー問題
  • Newton (ニュートン) 2012年 05月号
  • イノベーションの競争戦略 / 優れたイノベーターは0→1か?横取りか?
  • エネルギー産業2030への戦略 / Utility3.0を実装する
  • Pythonではじめる数理最適化 / ケーススタディでモデリングのスキルを身につけよう
  • データエコノミー入門 / 激変するマネー、銀行、企業
  • グリーン・ジャイアント / 脱炭素ビジネスが世界経済を動かす
  • ビジョナリー・カンパニーZERO / ゼロから事業を生み出し、偉大で永続的な企業になる