• Author大栗博司
  • Publisher幻冬舎
  • ISBN9784344986145
  • Publish Date2021年3月

探究する精神 / 職業としての基礎科学

自然界の真理の発見を目的とする基礎科学は、応用科学と比べて「役に立たない研究」と言われる。しかし歴史上、人類に大きな恩恵をもたらした発見の多くが、一見すると役に立たない研究から生まれている。そしてそのような真に価値ある研究の原動力となるのが、自分が面白いと思うことを真剣に考え抜く「探究心」だ――世界で活躍する物理学者が、少年時代の本との出会いから武者修行の日々、若手研究者の育成にも尽力する現在までの半生を振り返る。これから学問を志す人、生涯学び続けたいすべての人に贈る一冊。

>> 続きを表示

Recently borrowed books by this book borrower.

  • 脱炭素時代を生き抜くための「エネルギー」入門
  • OD>世界の再生可能エネルギーと電力システム全集
  • データ分析人材になる。 / 目指すは「ビジネストランスレーター」
  • 美しく、強く、成長する国へ。 / 私の「日本経済強靱化計画」
  • 日本を前に進める
  • ビジョナリー・カンパニーZERO / ゼロから事業を生み出し、偉大で永続的な企業になる
  • 彼方への挑戦
  • 地球の未来のため僕が決断したこと / 気候大災害は防げる
  • 道ひらく、海わたる / 大谷翔平の素顔
  • 教養としてのデータサイエンス