• Author林真理子
  • Publisher新潮社
  • ISBN9784103631118
  • Publish Date2021年4月

小説8050

息子が部屋に引きこもって7年、このままでは我が子を手にかけ、自分も死ぬしかない――。従順な妻と優秀な娘にめぐまれ、完璧な人生を送っているように見える大澤正樹には秘密がある。有名中学に合格し、医師を目指していたはずの長男の翔太が、七年間も部屋に引きこもったままなのだ。夜中に家中を徘徊する黒い影。次は、窓ガラスでなく自分が壊される――。「引きこもり100万人時代」に必読の絶望と再生の物語。

>> 続きを表示

Recently borrowed books by this book borrower.

  • もう一度、歩きだすために / 大人の流儀11
  • ねこねこ日本史
  • 本当はごはんを作るのが好きなのに、しんどくなった人たちへ
  • 日没
  • ケーキの切れない非行少年たち
  • 暗い夜、星を数えて / 3・11被災鉄道からの脱出
  • 小説版スキャナー / 記憶のカケラをよむ男
  • スナックキズツキ
  • 他人の悩みはひとごと、自分の悩みはおおごと。 / #なんで僕に聞くんだろう。
  • 教団X