• Author米澤穂信
  • PublisherKADOKAWA
  • ISBN9784041113936
  • Publish Date2021年6月

黒牢城

本能寺の変より四年前、天正六年の冬。織田信長に叛旗を翻して有岡城に立て籠った荒木村重は、城内で起きる難事件に翻弄される。動揺する人心を落ち着かせるため、村重は、土牢の囚人にして織田方の智将・黒田官兵衛に謎を解くよう求めた。事件の裏には何が潜むのか。戦と推理の果てに村重は、官兵衛は何を企む。デビュー20周年の集大成。『満願』『王とサーカス』の著者が辿り着いた、ミステリの精髄と歴史小説の王道。
【受賞・ランキング入賞結果】
第12回山田風太郎賞
『このミステリーがすごい! 2022年版』(宝島社)国内編第1位
週刊文春ミステリーベスト10(週刊文春2021年12月9日号)国内部門第1位
「ミステリが読みたい! 2022年版」(ハヤカワミステリマガジン2022年1月号)国内篇第1位
『2022本格ミステリ・ベスト10』(原書房)国内ランキング第1位
「2021年歴史・時代小説ベスト3」(週刊朝日2022年1月14日号)第1位
『この時代小説がすごい! 2022年版』(宝島社)単行本第3位

>> 続きを表示

Recently borrowed books by this book borrower.

  • ゴッホの眼 新装版
  • 天使日記
  • 土を喰う日々 改版 / わが精進十二カ月
  • あの日の親子丼 / 食堂のおばちゃん 6
  • 脳は美をどう感じるか / アートの脳科学
  • 真夏の焼きそば / 食堂のおばちゃん 5
  • ふたりの花見弁当 / 食堂のおばちゃん 4
  • 村上海賊の娘 第4巻
  • 村上海賊の娘 第3巻
  • 琥珀枕

Presented by