• Author大形徹
  • Publisher角川書店
  • ISBN9784047033153
  • Publish Date2000年6月

魂のありか / 中国古代の霊魂観

古代中国の人々は魂を自在に肉体を出入りする気体と考え、魂が抜け出てしまった状態が「死」であった―。中国日本の・書物などから多数の辞令をあげ、イメージ豊かな視点で「魂」に迫る。

>> 続きを表示

Recently borrowed books by this book borrower.

  • はじめての「高野七口と参詣道」入門
  • 人生を面白くする本物の教養
  • 宇宙は何でできているのか / 素粒子物理学で解く宇宙の謎
  • 「動かない」と人は病む / 生活不活発病とは何か
  • 太宰治1 桜桃 人間失格
  • 10年後、君に仕事はあるのか? / 未来を生きるための「雇われる力」
  • 「読む・書く・話す」を一瞬でモノにする技術
  • 大坂堂島米市場 / 江戸幕府vs市場経済
  • マクロ金融経済と信用・貨幣の創造 / 均衡モデルと不均衡調整モデル
  • なつかしき未来「大阪万博」 / 人類は進歩したのか調和したのか