• 著者菊地明
  • 出版社新人物往来社
  • ISBN9784404037695
  • 発行2009年11月

龍馬暗殺最後の謎

多くの書籍や雑誌で解明が試みられてきた幕末における最大の謎・坂本龍馬の暗殺。しかしその大半は、一般論として参考にすべき「通説」を、再検討を経ないままに"事実"であると前提にして論じている。これまでの龍馬暗殺に関する情報を白紙に戻し、事件の経過を見直して夾雑物を取り除き、新たに判明した事実や記録を加味して全体像を再構築したとき、暗殺事件の実相はどのように変わるのだろうか-。すべての通説を疑い、"事実"とされていた事項を再検証することで、明らかとなる龍馬暗殺究明の「完結篇」。

>> 続きを表示