• Author東畑開人
  • Publisher文藝春秋
  • ISBN9784163914305
  • Publish Date2021年9月

心はどこへ消えた?

この20年、心は消滅の危機にさらされている。物が豊かな時代は終わり、リスクだけが豊かな時代がやってきたからだ。人々は目の前のことでせいいっぱい。心はすぐにかき消されてしまう。社会にも、身近な人間関係にも、そして自分自身の中にさえも、心というプライベートで、ミクロなものを置いておく余裕がない。それでも心は見つけ出されなければならない。自分を大切にするために、そして、大切な誰かを本当の意味で大切にするために。ならば、心はどこにあるのか? その答えを求めて、臨床心理士は人々の語りに耳を傾けた――。現れたのは、命がけの社交、過酷な働き方、綺麗すぎる部屋、自撮り写真、段ボール国家、巧妙な仮病など、カラフルな小さい物語たちだった。
『居るのはつらいよ』で第19回大佛次郎論壇賞受賞、紀伊国屋じんぶん大賞をW受賞した気鋭の著者が「心とは何か」という直球の問いに迫る、渾身のエッセイ。

>> 続きを表示

Recently borrowed books by this book borrower.

  • 自分の薬をつくる
  • まちライブラリーのつくりかた / 本で人をつなぐ
  • 天使日記
  • ケアする人のためのプロジェクトデザイン / 地域で「何かしたい!」と思ったら読む本
  • 集まる場所が必要だ / 孤立を防ぎ、暮らしを守る「開かれた場」の社会学
  • 遅く起きた日曜日にいつもの自分じゃないほうを選ぶ
  • ケアとアートの教室
  • 中動態の世界 / 意志と責任の考古学
  • おもしろい地域には、おもしろいデザイナーがいる / 地域×デザインの実践
  • まともがゆれる / 常識をやめる「スウィング」の実験

Presented by