• Author藤沢周平
  • Publisher文藝春秋
  • ISBN9784167192310
  • Publish Date1997年6月

半生の記

「自分の過去が、書きのこすに値いするほどのものかといえば、とてもそんなふうには思えない」という含羞の作家が、初めて綴った貴重な自叙伝。郷里山形、生家と家族、教師と級友、戦中と戦後、闘病生活などが淡々と描かれ、藤沢文学の源泉をあかす稀有なる記録ともなっている。巻末に詳細な年譜も付した、伝記の決定版。

>> 続きを表示
    •  
    • This book can be read at
    • Borrowed People