• Author青木真兵
  • Publisher晶文社
  • ISBN9784794972828
  • Publish Date2021年11月

手づくりのアジール / 「土着の知」が生まれるところ

青木君たち、やっていることは「けっこう極端」なんだけれど、言葉の手ざわりがとてもやさしい。だから話をずっと聴いていられる。──内田樹
注目の在野研究者・移住者・図書館主宰者による土着人類学宣言!あたらしい人文知はここからはじまる。

市場原理主義や、社会に浸透する高度なテクノロジーによる管理化に飲み込まれず、地に足がついたまっとうな生き方をするためには、社会のなかでの「アジール(避難所)」を自分たちの手で確保することが必要ではないか。
・スピードが最優先される「スマート化」にどう抗うか?
・これからの「はたらく」のかたちとは?
・研究と生活をどう一致させるか?……
奈良の東吉野村で自宅兼・人文系私設図書館「ルチャ・リブロ」を主宰する著者が、志を同じくする若手研究者たちとの対話を通じて、「土着の知性」の可能性を考える考察の記録。あたらしい人文知はここからはじまる。
ほ〓くらの直感は合っていました。合っていたからと言って世界か〓劇的には変わるわけて〓はないのた〓けれと〓、て〓ももうちょっと、この「土着の知」とも言うへ〓き人間の生き物としての部分を認めないと、ほ〓くたちは生き残ることか〓て〓きないのて〓はないか。社会を維持することた〓ってて〓きないのて〓はないか。本書は『彼岸の図書館』て〓言語化て〓き始めたこの直感を、同年代の研究者と共有し、意見交換した記録て〓す。(「はじめに」より)
【目次】
「闘う」ために逃げるのだ──二つの原理を取り戻す
対話1 逃げ延びるという選択 栢木清吾×青木真兵×青木海青子
対話2 これからの「働く」を考える 百木漠×青木真兵
「最強」とはなにか──山村で自宅を開くこと
対話3  「スマート」と闘う 藤原辰史×青木真兵
対話4 土着の楽観主義 竹端寛×青木真兵
手づくりのアジール──「自分のために」生きていく
対話5 生活と研究 磯野真穂×青木真兵 
対話6 ぼくらのVita Activa〓〓マルクス・アーレント・網野善彦 百木漠×青木真兵
山村デモクラシーⅡ

>> 続きを表示

Recently borrowed books by this book borrower.

  • 掃除婦のための手引き書 ルシア・ベルリン作品集
  • 名古屋カフェ散歩
  • 永沢君
  • へんしんトンネル
  • まんがでわかる7つの習慣Plus
  • 衣もろもろ
  • かしこいビル
  • おんなのこトイレ
  • まんがでわかる7つの習慣 4
  • 考えない台所

Presented by