• Authorエリック・クリネンバーグ 藤原朝子
  • Publisher英治出版
  • ISBN9784862763075
  • Publish Date2021年12月

集まる場所が必要だ / 孤立を防ぎ、暮らしを守る「開かれた場」の社会学

ここでは、誰もに居場所がある。
災害が頻発し、二極化が進む社会で、
私たちはどうすれば、安心安全に暮らせる
レジリエントなまちをつくることができるのか。
図書館、学校、運動場、託児所……。
あらゆる人種や性別、年齢や職業が歓迎される場所
「社会的インフラ」の価値を、社会学者が解き明かす。
1995年のシカゴ熱波で生死を分けた要因の一つが社会的孤立にあることを突き止めた著者。
多様な人々とつながることで、安心で安全な社会をつくり、私たちの暮らしと命を守るメカニズムが研究を通して徐々に明らかになっていく。
コロナ禍を経験した今こそ、私たちには集まる場所が必要だ。

>> 続きを表示

Recently borrowed books by this book borrower.

  • 天国旅行
  • 自分の薬をつくる
  • まちライブラリーのつくりかた / 本で人をつなぐ
  • アルケミスト / 夢を旅した少年
  • 暗幕のゲルニカ
  • 小さいときから考えてきたこと
  • 天使日記
  • あんこのことがすべてわかる本 / つくる、食べる、もてなす
  • 地元パン手帖
  • パンの漫画

Presented by