• 著者寺尾紗穂
  • 出版社スタンド・ブックス
  • ISBN9784909048134
  • 発行2021年12月

天使日記

自分の中の子供。目に見えぬもの。聞こえない声。長女が天使に出会った日から始まった、まぼろしのようでいて、確かな日々の記録。
唯一無二の音楽家・文筆家による言葉の到達点。エッセイ49編。
「目に見えるもの以外あるわけない、という断定は、シュタイナーが説いたように理想主義の否定でもある。人が今あるもの、手でつかめるものしか信じられなければ、愛がいったい何であるかも捉えることはできないし、世界をより良く変えていくこともできない。自分には聞こえていない声があり、見えていない世界があるかもしれないと振り返ること、まっさらな心で自然に向き合い、人に向きあうこと。現代を生きる私たちがそれを忘れ、何かに流されるように生きているのだとしたら、立ち止まりたいと思う。そのことにすでに気づいた人々にならって、私は人と一緒に生きたい、と思う」(「あとがき」より)

>> 続きを表示

この本を借りた人が、最近借りている本

  • 「無印良品の家」に会いに。
  • セルフケアの道具箱 / ストレスと上手につきあう100のワーク
  • JK、インドで常識ぶっ壊される
  • 自分の薬をつくる
  • まちライブラリーのつくりかた / 本で人をつなぐ
  • ケアする人のためのプロジェクトデザイン / 地域で「何かしたい!」と思ったら読む本
  • 集まる場所が必要だ / 孤立を防ぎ、暮らしを守る「開かれた場」の社会学
  • 心をつかむ超言葉術 / コピーライターじゃなくても知っておきたい
  • 心はどこへ消えた?
  • 遅く起きた日曜日にいつもの自分じゃないほうを選ぶ