• Author平川克美
  • Publisherミシマ社
  • ISBN9784909394637
  • Publish Date2022年2月

共有地をつくる / わたしの「実践私有批判」

私有財産なしで、機嫌よく生きてゆく
銭湯、食堂、喫茶店、縁側……
誰のものでもあり、誰のものでもなく。
『小商い』の終着点を描いた私小説的評論
ミシマ社創業15周年記念企画
『小商いのすすめ』から十年。
消費資本主義がいよいよ行き詰まる中、
「小商いの哲学」を実践するすべての人に贈る。
この社会を安定的に持続させてゆくためには、社会の片隅にでもいいから、社会的共有資本としての共有地、誰のものでもないが、誰もが立ち入り耕すことのできる共有地があると、わたしたちの生活はずいぶん風通しの良いものになるのではないか――本文より

>> 続きを表示

Recently borrowed books by this book borrower.

  • かくかくしかじか 2
  • かくかくしかじか 1
  • 神田ごくら町職人ばなし 一
  • 何とかならない時代の幸福論
  • しない。
  • 思いがけず利他
  • この春、とうに死んでるあなたを探して
  • 家のしごと
  • 書く瞑想 / 1日15分、紙に書きだすと頭と心が整理される
  • 雨のなまえ

Presented by