• Author遠見才希子 佐々木一澄
  • Publisher童心社
  • ISBN9784494018666
  • Publish Date2022年3月

うみとりくのからだのはなし

ふたごのうみとりくは、そっくりだけど、ぜんぜんちがう。
りくはおかあさんになでられるのが好きだけど、うみはなでられるのが苦手。
そんな2人といっしょに、みんながそれぞれのからだを大切にするためには、どうしたらよいのか考える絵本です。
●自分の体にだれがどんなふうに触れるかは、自分で決められること。
●相手の体に触れるときは、同意が必要なこと。
●触るのも見るのも自分だけの、とくべつ大事な場所、プライベートパーツとは?
●プライベートパーツを触られそうになったら? 触られてしまったら?
大事なことだけれど、なかなか話しあうのが難しいからだの話を、かわいらしい双子といっしょに、
やさしいシンプルなことばで考えます。
性犯罪から身を守ることはもちろん、相手の体を尊重する態度を身につけます。
「生命の安全教育」の教材にも最適です。

>> 続きを表示

Recently borrowed books by this book borrower.

  • みんなで考える小学生のマナー / 社会のルールがわかる本
  • オイボレ発明家をすくえ!
  • ハムスターがおうちにやってきた!
  • 大ピンチずかん
  • 昆虫世界のサバイバル 1
  • ドクター・ヨッシーのほねほねザウルス恐竜博物館 3
  • ミスターミッドナイト 1
  • 5億年後に意外な結末 / ピグマリオンの銀色の彫刻
  • 世界史探偵コナン 2
  • 世界史探偵コナン 1