• Author下坂厚 下坂佳子
  • Publisher双葉社
  • ISBN9784575317121
  • Publish Date2022年4月

記憶とつなぐ 若年性認知症と向き合う私たちのこと

46歳で若年性アルツハイマー型認知症と診断された夫とそれを見守る妻
絶望の淵にさした光、仲間たちとの出会い、
当事者とその家族だから伝えられること。
京都市の下坂厚さんは46歳の夏、アルツハイマー型若年性認知症の診断を受けました。簡単な計算を間違えたり、家に忘れ物をしてきたり、なんだかおかしいな……ということが少しずつ増え、もの忘れ外来を受診。「病名を聞いたときは、比喩でなく、本当に目の前が真っ暗に……」。
診断後、働いていた鮮魚店を辞め塞ぎ込んでいた下坂さんを、妻の佳子さんは見守り続けました。そんな絶望の淵に光がさします。認知症当事者を支援する団体との出会いをきっかけに、下坂さんは介護施設でケアワーカーとして働き始めます。
そして、同じ病気の人の姿を見て勇気づけられたように、自分を見て勇気づけられる当事者や家族はきっといるはずという思いから、現在は認知症について広く知ってもらうための啓蒙活動にも尽力しています。
若年性アルツハイマー型認知症と診断された夫とそれを見守る妻が、当事者とその家族だからこそ伝えられることを綴る1冊です。
第一章 46歳、認知症になる
第二章 絶望から希望へ
第三章 当事者だから、できること
第四章 認知症と向き合うということ
第五章 夫婦のこと、写真のこと、これからのこと
関係者に聞く 「認知症の当事者の方に働く場所を提供するという取り組み」

>> 続きを表示

Recently borrowed books by this book borrower.

  • 星野源ふたりきりで話そう
  • 風になる / 自閉症の僕が生きていく風景
  • 出会い系サイトで70人と実際に会ってその人に合いそうな本をすすめまくった1年間のこと
  • 料理と利他
  • やわらかなレタス
  • このゴミは収集できません
  • 流星シネマ
  • この嘘がばれないうちに
  • 猫にかまけて
  • 四月になれば彼女は