• Author凪良ゆう
  • Publisher講談社
  • ISBN9784065281499
  • Publish Date2022年8月

汝、星のごとく

その愛は、あまりにも切ない。
正しさに縛られ、愛に呪われ、それでもわたしたちは生きていく。
本屋大賞受賞作『流浪の月』著者の、心の奥深くに響く最高傑作。
ーーわたしは愛する男のために人生を誤りたい。
風光明媚な瀬戸内の島に育った高校生の暁海(あきみ)と、自由奔放な母の恋愛に振り回され島に転校してきた櫂(かい)。
ともに心に孤独と欠落を抱えた二人は、惹かれ合い、すれ違い、そして成長していく。
生きることの自由さと不自由さを描き続けてきた著者が紡ぐ、ひとつではない愛の物語。
ーーまともな人間なんてものは幻想だ。俺たちは自らを生きるしかない。

>> 続きを表示

Recently borrowed books by this book borrower.

  • ひでこさんのたからもの。 / 「あしたも、こはるびより。」のそれから。
  • きのう、きょう、あした。 / 「あしたも、こはるびより。」あとみよそわか。
  • 日本語を味わう名詩入門 14
  • とかげ
  • すべては今のためにあったこと
  • 9月1日 / 母からのバトン
  • 「絵本」小さいことにくよくよするな! / しょせん、すべては小さなこと
  • ふたりからひとり / ときをためる暮らしそれから
  • ヴィオラ母さん / 私を育てた破天荒な母・リョウコ
  • オランダ流コーチングがブレない「自分軸」を作る