• Author中村文則
  • Publisher新潮社
  • ISBN9784101289526
  • Publish Date2008年1月

土の中の子供

27歳のタクシードライバーをいまも脅かすのは、親に捨てられ、孤児として日常的に虐待された日々の記憶。理不尽に引きこまれる被虐体験に、生との健全な距離を見失った「私」は、自身の半生を呪い持てあましながらも、暴力に乱された精神の暗部にかすかな生の核心をさぐる。人間の業と希望を正面から追求し、賞賛を集めた新世代の芥川賞受賞作。著者初の短篇「蜘蛛の声」を併録。

>> 続きを表示

Recently borrowed books by this book borrower.

  • 7年目のツレがうつになりまして。
  • イルカ
  • 大正・昭和乙女のロマンチック図案
  • 太陽の塔
  • 歎異抄
  • ぼくはアスペルガー症候群
  • 悪文 / 伝わる文章の作法
  • かがみの孤城 下
  • 都道府県の持ちかた
  • かがみの孤城 上

Presented by