• 著者万城目学
  • 出版社文藝春秋
  • ISBN9784167919368
  • 発行2022年9月

べらぼうくん

大学入学後の夏休み、海外で身ぐるみ剥がされサバイバル。在学中、書きあげた小説を読んだ友人からは「気持ち悪い」。卒業後、のどかな静岡での工場勤務から一転、作家になるべく上京するが……。自らの言葉を生み出し始めた浪人時代からデビューするまでの、うまくいかない日々を軽妙に綴る、青春&人生エッセイ。解説・浅倉秋成

>> 続きを表示

この本を借りた人が、最近借りている本

  • 教えたくなる名短篇
  • 鹿の王 上
  • 身の上話
  • 今日、誰のために生きる?
  • 夜、寝る前に読みたい宇宙の話
  • ミウラさんの友達
  • 夜、寝る前に読みたい宇宙の話
  • 儚い羊たちの祝宴
  • はしもとみお彫刻日誌
  • プリンセス・トヨトミ