• Author東野圭吾
  • Publisher講談社
  • ISBN9784062934978
  • Publish Date2016年9月

祈りの幕が下りる時

悲劇なんかじゃない。これが私の人生。
加賀恭一郎は、なぜ「新参者」になったのか---。
明治座に幼馴染みの演出家を訪ねた女性が遺体で発見された。捜査を担当する松宮は近くで発見された焼死体との関連を疑い、その遺品に日本橋を囲む12の橋の名が書き込まれていることに加賀恭一郎は激しく動揺する。それは孤独死した彼の母に繋がっていた。
シリーズ最大の謎が決着する。
吉川英治文学賞受賞作。

>> 続きを表示

Recently borrowed books by this book borrower.

  • ベスト8ミステリーズ2015
  • 一切なりゆき / 樹木希林のことば
  • 少しぐらいの嘘は大目に / 向田邦子の言葉
  • 魔力の胎動
  • 近鉄特急殺人事件
  • 十津川警部捜査行 日本縦断殺意の軌跡
  • 志摩半島殺人事件 / 長編本格推理小説
  • 境遇
  • 向田邦子ベスト・エッセイ
  • 剣客商売 6