• 著者井上ひさし
  • 出版社新潮社
  • ISBN9784101168289
  • 発行2001年2月

父と暮せば

「うちはしあわせになってはいけんのじゃ」愛する者たちを原爆で失った美津江は、一人だけ生き残った負い目から、恋のときめきからも身を引こうとする。そんな娘を思いやるあまり「恋の応援団長」をかってでて励ます父・竹造は、実はもはやこの世の人ではない-。「わしの分まで生きてちょんだいよォー」父の願いが、ついに底なしの絶望から娘をよみがえらせる、魂の再生の物語。

>> 続きを表示

この本を借りた人が、最近借りている本

  • 石川くん
  • 陽だまりの彼女
  • ぼくは明日、昨日のきみとデートする