• Author山本文緒
  • Publisher新潮社
  • ISBN9784103080138
  • Publish Date2022年10月

無人島のふたり / 120日以上生きなくちゃ日記

お別れの言葉は、言っても言っても言い足りない――。急逝した作家の闘病記。これを書くことをお別れの挨拶とさせて下さい――。思いがけない大波にさらわれ、夫とふたりだけで無人島に流されてしまったかのように、ある日突然にがんと診断され、コロナ禍の自宅でふたりきりで過ごす闘病生活が始まった。58歳で余命宣告を受け、それでも書くことを手放さなかった作家が、最期まで綴っていた日記。

>> 続きを表示

Recently borrowed books by this book borrower.

  • 本屋さんのダイアナ
  • 六月のぶりぶりぎっちょう
  • 風街のふたり 2
  • 風街のふたり 1
  • コウノトリのお手伝い / 産科ナースが見た命の奇跡
  • 漢方生活を楽しむ教科書 / 理由がわかればもっと整う!
  • 短編宇宙
  • ランチの時間
  • 心の力
  • 風に立つ