• Author仲山進也
  • Publisher講談社
  • ISBN9784062180504
  • Publish Date2012年10月

今いるメンバーで「大金星」を挙げるチームの法則 / 『ジャイアントキリング』の流儀

カリスマ的リーダーもエース社員も不要! のべ3万社の経営をサポートしてきた「チームづくり」のプロが語る、今いるメンバーの化学変化で史上最高の成果を生み出す「成長法則」。「モーニング」掲載の大人気マンガをケーススタディにした、ビジネスにもスポーツにも活かせる「超画期的」組織論登場!
チームには「成長法則」がある!
「70点のグループ」が、
「赤点」を経て、
「120点以上のチーム」に変身する――。
カリスマ的リーダーもエース社員も不要!
のべ3万社の経営をサポートしてきた「チームづくり」のプロが語る、
今いるメンバーの化学変化で史上最高の成果を生み出す「成長法則」。
伸びる組織には「混乱」がともなう。混乱のない組織に成長なし――。
ロールモデルは達海猛。
目指すは「生き物のようなチーム」。
指示待ちだったメンバーたちが、自ら考え、行動し始める!
「モーニング」掲載の大人気マンガをケーススタディにした、
ビジネスにもスポーツにも活かせる「超画期的」組織論登場!
「勝ちたがってんなら、
その想いをケンカしてでもすり合わせりゃいい。
そうやってね、
強いチームってのはできるんだぜ」by 達海猛。
「何でも思いどおりにいって、何が楽しいよ。
俺が楽しいのは、俺の頭ん中よりスゲーことが起こった時だよ」also by 達海猛。

>> 続きを表示

Recently borrowed books by this book borrower.

  • マーケティング戦略 第5版
  • 【小さな会社】逆襲の広報PR術
  • 仕事文脈 vol.13
  • CREA (クレア) 2018年 11月号
  • なるほどデザイン / 目で見て楽しむデザインの本。
  • MAQUIA (マキア) 2018年 08月号
  • 明日のプランニング / 伝わらない時代の「伝わる」方法
  • チーズはどこへ消えた?