• Author三國清三
  • Publisher幻冬舎
  • ISBN9784344040649
  • Publish Date2022年12月

三流シェフ

雑用こそ人生の突破口だ。
誰より苦労しても、その苦労を見ている人は1%にも満たない。
それでも“世界のミクニ”は必死に鍋を磨き続けた。
何者かになろうとして、懸命にもがく人たちへ――。
料理界のカリスマ・三國シェフ、感涙の自伝。
37年続いた「オテル・ドゥ・ミクニ」を閉じ、ぼくは70歳で新たな夢を実現する
北海道・増毛(ましけ)での極貧の幼少期、漁師の父と出掛けた海、“料理の神様”に近づきたくて生やした口髭、地獄の厨房とヨーロッパ修行、30歳での開業とバッシング、ミシュランとの決別――。時代の寵児と言われながら、がむしゃらに突っ走ってきたぼくが、一大決心をして「オテル・ドゥ・ミクニ」を閉店する理由と、ぼくが戦ってきた人生のすべて。
どんな一皿よりもエモーショナル!
世界に冠たる“ミクニ”の料理は、彼の苦悶の日々とパワフルで情熱的な生き様から作られる。
生きるための営みと企み、そして熱狂とは――。人生の本質が凝縮された1冊。

>> 続きを表示

Recently borrowed books by this book borrower.

  • The Complete Peanuts Volume 24: 1997-1998
  • 燕は戻ってこない
  • 脳がよろこぶ仕事術
  • 鬼滅の刃 1
  • 鬼滅の刃 2
  • こびとのくつや
  • カブトくん
  • その扉をたたく音
  • 0才から100才まで学び続けなくてはならない時代を生きる学ぶ人と育てる人のための教科書
  • よくわかる発達心理学