• Author橋本治
  • Publisher新潮社
  • ISBN9784104061044
  • Publish Date2002年1月

「三島由紀夫」とはなにものだったのか

三島由紀夫はなぜ死を選んだのか。知性と直感に裏打ちされた理屈の王者・橋本治が三島ロジックをスリリングに解析。『豊饒の海』ほか諸作品の精緻な読みから、「虚」として生きた作家の実像に迫る。〈受賞情報〉小林秀雄賞(第1回)

>> 続きを表示

Recently borrowed books by this book borrower.

  • 失敗の本質 戦場のリーダーシップ篇
  • 媚びない人生
  • 100の基本 / 松浦弥太郎のベーシックノート
  • 「真珠湾」の日
  • 過剰な人
  • ねじまき鳥クロニクル 第2部
  • ねじまき鳥クロニクル 第1部
  • ねじまき鳥クロニクル 第3部
  • アフター・リベラリズム 新版 / 近代世界システムを支えたイデオロギーの終焉
  • クルド人とクルディスタン / 拒絶される民族