• Author木下勇
  • Publisher学芸出版社(京都)
  • ISBN9784761523992
  • Publish Date2007年1月

ワークショップ / 住民主体のまちづくりへの方法論

ワークショップが日本に普及して四半世紀。だが、まちづくりの現場では、合意形成の方法と誤解され、住民参加の免罪符として悪用されるなど混乱や批判を招いている。世田谷など各地で名ファシリテーターとして活躍する著者が、個人や集団の創造力を引き出すワークショップの本質を理解し、正しく使う為の考え方、方法を説く。

>> 続きを表示

Recently borrowed books by this book borrower.

  • わかりあえないことから / コミュニケーション能力とは何か
  • はじめての福島学
  • 原っぱと遊園地 / 建築にとってその場の質とは何か
  • 図説都市空間の構想力
  • こんな公園がほしい / 住民がつくる公共空間
  • 世界一素敵な学校 / サドベリー・バレー物語
  • 角川インターネット講座 12
  • クリエイティブ・マインドセット / 想像力・好奇心・勇気が目覚める驚異の思考法
  • ネットが生んだ文化(カルチャー):誰もが表現者の時代
  • キュレーションの現在