• Author千田和央 伊藤俊廷 佐々木直晴
  • Publisher翔泳社
  • ISBN9784798179421
  • Publish Date2023年9月

GitLabに学ぶ世界最先端のリモート組織のつくりかた / ドキュメントの活用でオフィスなしでも最大の成果を出すグローバル企業のしくみ

世界最大のリモート組織が実践する徹底したドキュメント化の手法

本書では世界最先端のリモート組織を実現するためのノウハウを、GitLab社が公開している「GitLab Handbook」をベースにしながら解説していきます。

GitLab社とは?
・世界67カ国以上に従業員2,000名以上
・自社オフィスを持たない「世界最大のオールリモートカンパニー」
・リモートワークのための方法論やカルチャーを「GitLab Handbook」として公開
・リモートワークの方法だけでなく評価、給料の決め方、部門ごとの仕事の進め方など、社員として必要な知識をすべて支えるドキュメント文化が浸透

著者は、GitLab社の取り組みをもとに、自社をオフィスを持たない完全フルリモート化企業とする取り組みの中心に立ってきました。
その際、GitLab社の各種マニュアルを翻訳し、日本企業に合う形で自社向けのマニュアルを作成。
GitLab社のマニュアルは膨大であり、いきなりこれらすべてを読み解くのはハードルが高いため、本書では以下の構成にまとめ、各施策の背景まで理解しやすいように整理しています。

・世界最先端といわれるリモート組織の実態やメリットなどの概要説明
・世界最先端のリモート組織への移行プロセス、発生する問題への対処法
・リモート組織が円滑に機能するためのカルチャーの醸成方法
・パフォーマンスを上げるための人事制度・業務ルール設計

いずれも著者自身が実践してきたものなので、多くの企業にとっても再現性が高いものばかりです。

【目次】(抜粋)
第1部 リモート組織のメリットを読み解く
第1章 世界最大のリモート組織「GitLab」
第2章 リモート組織によって得られるメリット

第2部 世界最先端のリモート組織へ移行するためのプロセス
第3章 リモート組織を構築するためのプロセス
第4章 リモートワークで発生する問題と対策

第3部 GitLabが実践するリモート組織を活性化させるカルチャー醸成法
第5章 カルチャーはバリューによって醸成される
第6章 コミュニケーションのルール

第4部 GitLabが成果を出すために実践している人事制度や業務ルール
第9章 個人のパフォーマンスを引き出す
第10章 GitLab Valueに基づいた人事制度

>> 続きを表示

Recently borrowed books by this book borrower.

  • プログラミングTypeScript / スケールするJavaScriptアプリケーション開発
  • プログラマの数学 第2版
  • 世界一流エンジニアの思考法
  • 初めてのTypeScript / 型安全なJavaScriptでWeb開発を加速する
  • 現場で役立つシステム設計の原則 / 変更を楽で安全にするオブジェクト指向の実践技法
  • セキュアで信頼性のあるシステム構築 / Google SREが考える安全なシステムの設計、実装、保守
  • フロントエンド開発のためのテスト入門 今からでも知っておきたい自動テスト戦略の必須知識
  • マイクロサービスアーキテクチャ 第2版
  • レガシーコードからの脱却 / ソフトウェアの寿命を延ばし価値を高める9つのプラクティス
  • リーン・スタートアップ / ムダのない起業プロセスでイノベーションを生みだす