• Author加古里子
  • Publisher文藝春秋
  • ISBN9784167907587
  • Publish Date2016年12月

未来のだるまちゃんへ

迷い道の人生、絵本創作の原点……

『だるまちゃんとてんぐちゃん』など、数多の人気絵本を世に送り出してきたかこさとし。19歳で敗戦を迎え、態度を変えた大人に失望した著者は、「子どもたちのために役に立ちたい」と、セツルメント活動に励むようになる。そこでは、絵本創作の原点となる子どもたちとの出会いがあった――。

国民的人気絵本作家が、自身の人生について初めて語った記念すべき自叙伝。

サラリーマンとの二足のわらじ生活、自身の子育て、震災と原発事故を経て思うことなど、

秘話が盛りだくさん! 絵本に込めた願い、尊敬してやまない子どもたち、「生きる」とはどういうことか……柔らかい口調そのままの文体で読みやすく、深い含蓄のある言葉に励まされる内容です。

『ぐりとぐら』で知られる中川李枝子さんが、かこさんとの知られざる邂逅について綴った文庫解説も必読!

90歳の絵本作家が全ての親子へ贈る、希望の未来のメッセージです。

>> 続きを表示