• Author柚月裕子
  • PublisherKADOKAWA
  • ISBN9784041032138
  • Publish Date2015年8月

孤狼の血

昭和63年、広島。所轄署の捜査二課に配属された新人の日岡は、ヤクザとの癒着を噂される刑事・大上のもとで、暴力団系列の金融会社社員失踪事件を追う…。心を揺さぶる、警察vs極道のプライドを賭けた闘い。

>> 続きを表示

Recently borrowed books by this book borrower.

  • 岡山女
  • この本を盗む者は
  • 「定年後マネー」は二極化する / 公的年金・貯金・退職金では不足する時代の“自分年金”のつくり方
  • 螻蛄
  • 命がけの証言
  • 人間はいろいろな問題についてどう考えていけば良いのか
  • 僕たちはいつまでこんな働き方を続けるのか?
  • 自由をつくる自在に生きる
  • 元彼の遺言状
  • 老いのゆくえ